こかげむら

ゲーム好きな理系大学生のお話

【ドラゴンクエストライバルズ】βテスト先行プレイしてみた【シャドバとの違いは?】

f:id:agry:20170609151240j:plain

 

スクウェア・エニックスの新作デジタルTCGドラゴンクエストライバルズ(以下DQライバルズ)のクローズドβテストが、6月9日本日午後12時半頃から開始されたので、早速プレイしてみました。

 

今回のβテストは、βテストに応募して当選したiOSで2000名、Androidで8000名の計1万人が参加しているようです。

 

当選していない方、応募していない方は参加することができないのでこの記事を見てどんなゲームか知ってもらえたらと思います。

 

1) DQライバルズってどんなゲーム?

www.dragonquest.jp

 

DQライバルズ」は「シャドウバース」や「ハースストーン」と同じカテゴリーに分類される、デジタルTCGです。

 

カードパックを購入し、デッキを作成して、オンラインで対戦することができます。

 

筆者はシャドウバースをずっとやりこんでいるので、シャドウバースとの違いなどについても書いていこうと思います。

 

2) ゲームシステム

先攻は手札3枚、後攻は手札4枚+テンション2の状態でゲームが始まります。

f:id:agry:20170609223754j:plain

対戦が始まると画面には自分と敵のHP,MPが表示されます。MPは基本的に毎ターン1ずつ上限が増えていき、MPを消費することでカードをプレイします。

 

MPを消費して、カードをプレイし、先に敵のHPを0にしたほうが勝ちです。

f:id:agry:20170609152754j:plain

 

 

リーダーの種類

リーダーは7人のリーダーから選択することができます。

f:id:agry:20170609222524j:plain

 リーダーごとに使えるカードが違ってきたり、あとで説明するテンションスキルなども変わってきます。

 

カードの種類

f:id:agry:20170609155042j:plain

カードはユニットカード、特技カード、武器カードの3種類があります。

 

  • ユニットカード

ユニットカードをプレイすると、盤面にユニットという味方モンスターを配置することができます。配置したユニットは敵ユニットを攻撃するか、敵リーダーに攻撃することができます。

f:id:agry:20170609221421j:plain

 

  • 特技カード

特技カードをプレイすると、リーダーが敵ユニットを攻撃したり、ユニットを回復させたり、敵リーダーを攻撃したり、各リーダーのユニークスキルを使用することができます。

f:id:agry:20170609221432j:plain

 

  • 武器カード

基本的にリーダーは攻撃できません。ですが、武器カードをプレイすると、リーダーに武器が装備され、リーダーもユニットのように攻撃できるようになります

f:id:agry:20170609221445j:plain

 

3) DQライバルズとシャドウバースの違い

ユニットの配置場所

DQライバルズでは、ユニットカードをプレイする際、ユニットの配置場所を6か所から指定することができます

 

配置をする位置によって、特殊な効果を得ることができます

 

ユニットを縦に3体並べると、敵がリーダーに攻撃できなくなります。リーダーに攻撃するためには、ユニットを1体倒さなくてはなりません。

f:id:agry:20170609160524j:plain

 また、ユニットを前後に並べると、後ろに配置されたユニットをブロックすることができます

 

後ろのユニットに攻撃するためには、前に配置されたユニットを先に破壊しなくてはなりません

f:id:agry:20170609160533j:plain

 また、配置位置によって特殊な効果を発揮するユニットも存在します。 

 

「アローインプ」は後列から攻撃する場合、自分にはノーダメージで攻撃を行うことができます。

f:id:agry:20170609221820j:plain

 このように、ただ適当にカードをプレイすれば良いというわけではなく、配置位置まで考えてプレイすることが重要になってきます。

 

テンションスキル

f:id:agry:20170609222053j:plain

DQライバルズには、テンションというものが存在します。ドラクエシリーズをプレイしたことがある人は聞いたことある単語ですね。

 

テンションは1MPを消費することで、毎ターン1だけ上げることができます

 

テンションを3まで上げると、リーダーごとに異なるテンションスキルを使うことができます。

 

1ターン目にプレイするカードがなかったり、MPが余ってしまったら、MPをためるようにしましょう。

 

こうすることでMPを無駄にすることがなくなります。

 

あえて高コストカードをプレイせず、テンションを1溜めるという立ち回りが有効なときもあるかもしれません。

 

よく考えてカ―ドをプレイする必要がありそうです。

 

 まとめ

  • カードにはユニット、特技、武器の3種類がある。
  • リーダーに武器カードで武器を装備させれば、リーダーも攻撃することが可能になる。
  • ユニットは6か所から選んで配置する。
  • 配置場所によって特殊効果が得られることも。
  • テンションスキルというシステムをうまく使うことが重要。

 

 筆者が一日ベータテストをやってみて感じたのは、シャドウバースと比べて、考えることが多いということです。

 

「シンプルなカードゲームをやりたい」という方よりは、「少し頭をつかうプレイングが求められるカードゲームをしたい」という方に向いていると思います。

 

それとBGMが最高です。ドラクエ好きにはもうたまりません。

 

βテスト開始1日目なのでまだ全然やり込めてませんが、これからやり込んでまた気づいたことがあったら記事を書こうと思います。

 

最後に

ドラゴンクエストライバルズ最高です。

 

公式サイト

www.dragonquest.jp

 

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO