こかげむら

ゲーム好きな理系大学生のお話

【アームズ】ARMS体験会のびーる腕試し感想【スイッチ】

 

こんにちは。アグリぃです。

 

Nintendo Switchで6/16日に発売予定の「ARMS」の先行体験会「のびーる腕試し」が先週の土日、今週の土日に行われたのでその感想です。

 f:id:agry:20170604225006j:plain

1) 『ARMS』ってどんなゲーム?

www.nintendo.co.jp

 

『ARMS』はSwitchのジョイコンを「いいね持ち」で両手で持って、腕を振ってプレイする、オンライン対応の格闘ゲームです。

f:id:agry:20170604213753p:plain

 

右手を振ればキャラクターの右腕が振られ、左手を振ればキャラクターの左腕が振られます。

 

また、両方のジョイコンを前後左右に傾けると、キャラクターもそれと同じ方向に移動します。

 

格闘ゲームというと、『ストリートファイター』などの複雑なコマンド操作を想像する方もいると思いますが、『ARMS』はほとんどの操作を腕の動きだけですることができます。

 

とっつきにくい格闘ゲームのイメージを覆す、Nintendoらしいとても面白い操作方法だと思います。

 

2) 実際に体験してみてわかったおもしろさ

キャラクターとアームの組み合わせ

『ARMS』には様々なキャラクターがいます。動きが早いキャラ、投げ技が得意なキャラ、二段ジャンプができるキャラ、HPが減ると攻撃力が上昇するキャラ、など、のびーる腕試しでは合計10種類のキャラクターを使用することができました。

 

 

ARMS : ファイター | Nintendo Switch | 任天堂

 

 また、キャラクターの腕に装備する「アーム」を変えて、自分だけの攻撃手段をもったキャラクターを作成できます

 

 これがおもしろい。

 

格闘ゲームは相性というものがあり、「このキャラクターはあのキャラクターに不利だから、このキャラクターを使うのはやめよう」というように、相性が悪いがゆえに、自分の好きなキャラが使えないことがあります。

 

ですが、『ARMS』ではアームを変えられるので、どのキャラを使っても、相性が悪いキャラに対しての解答を用意することができるのです。(もちろん相性の悪さを完全に消せるわけではないですが...)

 

様々な対戦ルール

「のびーる腕試し」では1vs1の対戦のほか、2vs2のチーム戦、バレーボールや、バスケットボールなど、様々な対戦ルールで遊ぶことができました。

 

 

のびーる腕試しではルールはランダムに選択されていたのですが、1vs1では勝てない人でも、バレーボールでは勝てたりして、とても面白かったです。

 

製品版のオンライン対戦には、パーティ感覚で気軽に対戦「パーティーマッチ」、プライドをかけて世界に挑め!「ランクマッチ」の2種類が今のところ発表されていて、楽しく遊びたい人、ガチで遊びたい人、どちらも楽しめると思います。

 

3) 体験会プレイ後感想

 実は僕は先日のニコニコ超会議のARMSブースで開かれていた、『ARMS』スゴウデトーナメント in ニコニコ超会議に出場し、ベスト16に入賞してきました。

 

そこで初めてARMSに触れ、これは面白い!と感じていたので、今回の体験会を非常に楽しみにしていました。

 

実際に家でやり込んでみて...

 

とても面白かったです。

 

コツをつかむとキャラクターを自分の体のように動かすことができ、まるでスポーツをしているかのような感覚になります。

 

2vs2のチーム戦などは、友達と家で集まってプレイしたら盛り上がること間違いなしです。

 

Twitterなどを見てみると、腕が筋肉痛になった人もいるようです。体を動かすゲームなので、運動不足の解消にもなるのではないでしょうか。

 

のびーる腕試しでARMSを体験して、発売がより一層楽しみになりました。ちなみに僕は予約済みです。

 

これを読んでARMS気になっている方がいましたら、ぜひ公式サイトの方をチェックしてみてください。

 

 

オンライン対戦で僕と当たったら、そのときはよろしくお願いします!