こかげむら

ゲーム好きな理系大学生のお話

【大学受験生必見】勉強はRPGの経験値稼ぎ!理系国立大に現役合格した僕が実践していた勉強法【時間記録勉強法】

6月に入り、そろそろ受験生は模試に追われる時期になってきた頃でしょうか?

 

僕は高校3年生の時、この頃から学校で、毎月のように模試を受験させられ、「今年大学受験するんだなあ」と実感し始めた気がします。

 

大学受験は今までの人生で一番努力した一大イベントでした。

 

今回は僕が実践していた勉強法や、大学受験の考え方についてざっくりと説明していこうと思います。

 

1) 大学受験は自分との闘い

f:id:agry:20170601172959j:plain

「大学受験は自分との戦い」

高校の先生や、塾の先生などからよく聞く言葉ですよね。僕も大学受験は自分との戦いだと思っています。

 

大学受験は1月のセンター試験が終わったら終わりではありません。2月には合否を分ける、とても大切な2次試験があります。

 

このように、大学受験は長い期間勉強しなくてはならないです。

 

したがって、モチベーションを維持することが非常に大切になってきます。

 

モチベーションを保つ方法は、様々な方法があると思いますが僕が実際にやっていた具体的な方法をここでは書きます。

 

それは時間記録勉強法です。 

 

2) 時間記録勉強法とは

f:id:agry:20170601183644j:plain

なかなか勉強のやる気が起きない人は、勉強してもその成果が目で見てわからないからやる気が起きない、モチベーションが保ちづらいのではないでしょうか。

 

僕はそうでした。そこで、Studyplusというスマホアプリを使って、毎日の勉強時間を記録し、勉強の成果を目で見てわかる形式にしました。

 

勉強を始める前に、Studyplusのストップウォッチをスタートし、止めると勉強時間が記録されます。

 

この時間記録機能を使って、僕は高校3年の4月から毎日勉強時間を計測し始めました。 

 

アプリの機能で勉強時間がグラフ化され、その日、その月はどのくらい勉強したのかが目で見てわかります。

 

f:id:agry:20170601181035p:plain

これは僕が高校3年生の時の勉強時間のグラフです。また、このグラフは、アプリを使用している他のユーザーのものも閲覧することができます。

 

このように、勉強した成果がグラフとして表されると、

 

「今日はすごい頑張った!」

 

「同じ志望校の人が自分より多く勉強してるから、自分も頑張らなくちゃ」

 

など、とても良い達成感を味わえる、また良い刺激を得られると思います。

 

 

僕に騙されたと思って、毎日の勉強時間を記録してみてください。

 

勉強がRPG経験値稼ぎのような感覚になってきて、楽しくモチベーションを保つことができると思います。

 

 

3) 効率の良い勉強を

f:id:agry:20170601174706j:plain

時間記録勉強法の話をしましたが、勉強は時間がすべてではありません。

 

だらだらと、長時間勉強するよりも、自分が集中できる時間だけしっかり勉強した方が確実に効率が良いです。

 

ここでも時間記録勉強法は役に立ちます。

 

「平日は家に帰ってから〇時間、休日は◇時間」と、時間をある程度決めて、そこまで勉強時間を記録できたら、あとは自分の好きなことをする。

 

このようにして勉強することで、自分で決めた時間内は集中して勉強することができ、効率が良くなり、さらには受験期間中でも自分の好きなことができる。良いことだらけです。

 

今回は僕が受験期間に実践していた勉強法を紹介しました。まだまだ書きたいことがあるので、次の機会にまた書こうと思います。

 

このブログを読んでくれた一人でも多くの受験生が、成功することを祈っています。